くりや株式会社

お問い合わせ 0120-088-968
English About
HOME >  くりやとは >  くりやのこだわり >  おこめの専門家

おこめの専門家



おいしいお米を選ぶために

くりやのお米は、じっくり時間をかけておいしいお米を選びます。
おいしいお米を追求する熱心な生産者さんのお米であることはもちろんですが、そのお米の毎年の出来具合を品質検査。さらに食味検査を重ね、合格したお米のみを入荷しています。
この入荷基準を保つため、くりやではお米に関するあらゆる資格を取得。知識の資格だけではなく、ご飯の色覚・嗅覚・味覚やその他、官能評価を行える資格をも持ち、お米の専門家としておいしいお米の選定を行っています。

くりやの資格

お米マイスター

日本米穀小売商業組合連合会が主催する、お米に関連した専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわばお米の博士号ともいえる資格です。

  • 全国の田んぼから美味しいお米を探すこと
  • お米の品質を見極めること
  • お米の特長を活かした精米技法やブレンド技術のことなどを通して広く食育を推進する事ができます。

米飯パネリスト 米飯官能試験監督者

ご飯の色覚・嗅覚・味覚やその他、官能評価をする上で大切な様々なテストを受け、合格した「舌が研ぎ澄まされた者」のみが与えられる資格です。酒利きならぬ米利きの資格です!
この資格は、正しい官能試験を習得し、米の適正な評価を行うことができるということ。官能試験のパネルは「計測器」なみの数値を意味します。
米の品質基準の評価において、この官能評価が最も適した評価方法です。

ごはんソムリエ

主原料であるお米の産地や銘柄に関する知識、炊飯技術やごはんの栄養学などの幅広い知識を有し、更においしいごはんを見分けられる専門家の資格です。

おこめアドバイザー

米の幅広い知識、精米加工、保管・品質管理、炊飯の理論、世界的な食糧の現状などを総合的に知識として持っております。
現在全国で約500名程度しか有資格者はおりません。

農作物検査員

農家から直接原料を仕入れる際に、原料に問題は無いのかを適切に判断できる重要な資格です。
農家や仕入先との交渉の際に間違いのないお米を判別し入荷します。

品質システム認定工場(JRQS)取得

本会が推奨する精米工場が保有すべき品質システム構築のための要求事項を規定した規格です。
25馬力以上の大型精米機を備えた精米工場を持っている、米穀販売業者、生産者団体、精米機メーカーなど関連企業、商社が主な会員です。