愛媛産のおいしいお米「あきたこまち」を紹介します!

あきたこまちというお米をご存知の方は多いと思います。
コシヒカリ同様にさまざまなエリアで作られているお米なので、馴染み深いですよね。
しかし、あきたこまちは生産地によっても味が変わります。
そこで今回は、愛媛県産のあきたこまちについてご紹介します。

□愛媛県産のあきたこまちの特徴について解説!

「あきたこまちというお米を知ってはいるけど、具体的にどのような味なのか忘れてしまった」という方もいらっしゃると思います。
そのような方向けに、あきたこまちの特徴についてごはんソムリエ徳永真悟がご紹介いたします。

□あきたこまちの歴史について解説します

コシヒカリの系列の品種はたくさんありますが、その中でもあきたこまちは先駆け的な存在だと言えるでしょう。
コシヒカリと奥羽292号という品種を交配させて1982年に生まれた品種です。
コシヒカリ以上とも言われるような食感とうま味は、コシヒカリの評価を超えたこともあります。
そんなあきたこまちの名前は、秋田県湯沢市小野の小野小町生誕生伝説から命名されています。

*あきたこまちの特徴を紹介!

後述しますが、あきたこまちはコシヒカリの特徴を受け継いでおり、コシヒカリ譲りの甘みの強さがとても人気なお米です。
ただ、コシヒカリと比べると粘りが控えめなので、色々な料理に合うと言えるでしょう。素材の味を活かす和食にもぴったりですね。

そんなあきたこまちは発祥の地である秋田県以外にも岩手県や茨城県、愛媛県などの地域で盛んに栽培されています。
産地によっても味が変わるので、今回は愛媛県産のあきたこまちに絞って特徴をお伝えします。

*愛媛県産のあきたこまちはとても美味しい

お米のくりやが取り扱っている愛媛県産のあきたこまちを生産している場所は、山間の少し小高いところにある丹原町川根地区というところです。
年中涼しい風が吹き抜けている風光明媚な場所です。
山から流れてくる美味しくて綺麗なお水を使って作られています。
そんな愛媛県丹原町川根地区で作られるあきたこまちは、適度な粘りとお米本来の味が特徴のとても美味しいお米ですよ。

お米のくりやでは、ごはんソムリエが47都道府県の中から選んだお米を真空パックに詰めてお送りするオコメールという形で、愛媛県産のあきたこまちを販売しております。
お米好きにはたまらない採れたて新鮮なお米を真空パックに詰めてお送りするので、一味違う美味しさを堪能できますよ。
ぜひこの機会に試してみてくださいね。

□まとめ

今回は、愛媛県産のあきたこまちについてご紹介しました。
コシヒカリに次ぐ人気を誇っているあきたこまちですが、産地によっても味が異なります。
風光明媚な愛媛県の丹原町川根地区で栽培された採れたての美味しいあきたこまちをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

おいしいお米を食べたい方へ!長崎産「にこまる」をご紹介

長崎県産の「にこまる」の特徴や美味しさについて知りたい方はいませんか。
日本にはたくさんのお米がある中で、長崎県産のにこまるを選ぶ際はなるべく後悔しないように特徴を知ってから買いたいですよね。
そこで今回は、「長崎県産のにこまる」についてごはんソムリエ徳永真悟がご紹介します。

□九州生まれの美味しいお米「にこまる」を紹介!

近年では、九州産のお米がコンクールで入賞して評判を呼んでいるため、かなり人気が高まってきています。
そんな中、九州で生まれた「にこまる」もとても脚光を浴びるようになってきました。そんな「にこまる」の美味しさの特徴についてご紹介します。

*長崎県産のにこまるの美味しさの特徴についてご紹介!

にこまるは、ツヤツヤとした光沢を持っているお米です。
研ぐ前のお米の時点でとても綺麗でキラキラしているので、炊き上がりも期待できますよね。
粘りが強く、食味が良いのが特徴で、ふっくらと炊き上がった様子はとても食欲をそそりますよ。
粒ぞろいも良く、もちもちした食感も味わえるので、もちもちしたお米が好きな方にはたまらないでしょう。

何よりもシッカリ感じる粒感と噛みしめた時のもっちりとした食感!
二つの異なる食感を持つ品種は、にこまるだけの特徴です。
素晴らしい食感と食味を誇る希少品種にこまるは、特質すべきお米です。

*ヒノヒカリに代わる次世代のブランド米になる?

にこまるは、ヒノヒカリに代わる存在になると言われています。
ヒノヒカリはとても人気のお米なのですが、稲が成熟していく時期に高温が続くと、白未熟粒が多発してしまうという問題を抱えていました。
しかし、にこまるはこの問題を解決し、高温の障害にも負けずに美味しいお米を提供できるような耐性を獲得しています。
そのため、今後もかなり普及していくお米になっていくと言えるでしょう。

□にこまるの歴史について解説

にこまるはヒノヒカリと同様の美味しい品種になるように目標を立てて開発されたお米です。
先述したように、ヒノヒカリは温暖化の影響を受けやすいため、安定した収穫ができない時期がありました。
そのような問題を解決するために開発が着手されたのがにこまるです。

にこまるは、1996年に九州沖縄農業研究センターで北陸174号ときぬむすめという品種を交配させて誕生しました。
双方の親がコシヒカリの系統の品種なので、にこまるはコシヒカリの美味しさを引き継いでいます。
2006年には長崎県で初めて生産が始まり、2009年には長崎県産のにこまるは特A評価を獲得しました。
このように、とても美味しいお米ということが客観的に評価されたことがあるので、ぜひ一度長崎県産のにこまるを試してみてくださいね。

□まとめ

今回は、長崎県産のにこまるについてご紹介しました。
とても美味しいお米なので、ぜひこの機会にお米のくりやのホームページから注文してみてください。

神奈川県のお米「さとじまん」についてご存じですか?

神奈川県産のさとじまんとはどのようなお米なのでしょうか。
事前にどのようなお米かを知ってから購入しようとしている方は多いと思います。
さとじまんの特徴や味についても、事前に知っておくと役に立ちます。
そこで今回は、さとじまんの特徴について、ごはんソムリエ徳永真悟が解説します。

□さとじまんの特徴について解説!

さとじまんは、コシヒカリよりも一粒一粒が大きいという特徴を持っています。
おいしく炊き上げられると、もちもちとした食感のご飯になります。
炊き上がった「さとじまん」は、コシヒカリにも負けない美味しいさ。

□さとじまんの歴史をご紹介!

暖かい地域の水田でも美味しいお米を作れるように品種改良を行い、作られた品種がさとじまんです。
暖かい地域では、水稲の収穫作業との競合を避けるため、コシヒカリと栽培時期が異なる美味しい品種や麦跡の晩植栽培に適した市場性の高い品種が必要とされています。
そのような要望に応える形でさとじまんが作られたのですね。

さとじまんは早植・晩植共に収穫量が多く、耐倒伏性が強いという特徴を持っています。
また、稲麦二毛作地帯で問題となりやすい縞葉枯病にも耐性を持っており、安全に栽培されているのでご安心ください。
そんなさとじまんの歴史についてご紹介します。

*さとじまんの歴史について

さとじまんは、関東175号という品種と越南154号という品種を掛け合わせて作られたお米です。
平成6年に人工交配を行い、平成13年からは奨励品種決定調査に試してもらってきました。
その結果、平成17年に神奈川県で奨励品種に採用されました。

また、さとじまんの名前の由来は我が里を自慢したいというところからきています。
里を自慢できるような美味しいお米だという自信の表れかもしれませんね。

*お米のくりやではオコメールという真空パックでさとじまんをご提供しております

お米好きにはたまらない企画として、採れたて新鮮なお米を真空パックにして提供しているのがオコメールです。
神奈川県大井産のさとじまんを3パックそれぞれ300g入っている物をお送りいたします。
オコメールは47都道府県のお米を全県分揃えて企画したのですが、その品揃えを確保するのに最も苦労したお米の1つがさとじまんです。
とても貴重なさとじまんの美味しさを、ぜひご堪能ください。

□まとめ

本記事で紹介したように、さとじまんはとても美味しいお米です。
お米のくりやのオコメールを活用して、ぜひ一度味わってみてください。
もし何かわからないことがございましたら、お気軽にお米のくりやまでご連絡ください。

 

 

 

鹿児島産のお米「あきほなみ」の特徴を紹介します!

鹿児島県産のあきほなみというお米をご存知の方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、鹿児島県の独自の品種であるあきほなみの味や歴史についてごはんソムリエ徳永真悟がご紹介します。

□鹿児島県産のあきほなみの特徴をご紹介!

あきほなみは、鹿児島県のみで栽培されているお米です。
鹿児島県は日本でも南の方に位置しているので、暖かい気候が特徴ですよね。
その暖かさを生かして、鹿児島県では7月中旬に収穫する早期水稲と10月上旬以降に収穫する普通期水稲で稲作を行っています。

そのような稲作の特徴を持っている鹿児島県が、普通期水稲のために独自で開発したお米があきほなみなのです。
初めは伊佐市やさつま町などの一部の地域で作付けされていたのですが、次第に県内全域に広がっていきました。
そんな鹿児島県の独自のお米の味の特徴について解説します。

*あきほなみの味を知ろう!

あきほなみは食味ランキングの特A評価を獲得したことがあるとても美味しいお米です。
特A評価とは、お米の食味を審査員が査定して評価するお米のランキングの中でも、トップクラスの味わいがあるという証です。
査定項目は外観、味、香り、粘り、硬さ、総合評価の6つです。
外観、味、香り、粘り、の4つの項目でヒノヒカリを上回る評価を得たこともあるようなお米なので、かなり美味しさを感じられるでしょう。

粘り気が強く、程よい硬さが特徴のお米です。
粒は大きくツヤツヤしているため、美味しそうな見た目から食欲がかなり湧きますよ。
また、甘さとうま味を兼ね備えた味で、冷めても美味しく感じられます。
和食、洋食、中華などのさまざまなジャンルの料理にもよく合います。

□あきほなみの歴史や名前の由来について解説

あきほなみは、ヒノヒカリの系統である99S123と越南179号という品種を掛け合わせて誕生しました。
鹿児島県では今までヒノヒカリが栽培されていることが多かったのですが、台風の被害や高温による品質の低下などの問題がありました。
それを解決するために、10年かけてあきほなみが開発されました。

*あきほなみの由来とは

あきほなみは、秋にたくさん実った稲穂が波打つ様子から連想して命名されました。
豊作を思い浮かばせるような名前から、美味しそうなイメージが湧きますよね。

□まとめ

あきほなみという品種の特徴について知っていただけましたでしょうか。
あきほなみはとても美味しいお米なので、ぜひ一度試してみてくださいね。
他にもご興味のあることがございましたら、いつでもお米のくりやにご連絡ください。

 

 

 

千葉産のお米「ふさおとめ」について解説します

千葉県産のふさおとめとはどのようなお米なのでしょうか?
今回は、千葉県産のふさおとめの具体的な特徴についてごはんソムリエ徳永真悟がご紹介します。

□千葉県産ふさおとめの特徴を解説!

ふさおとめの特筆すべき特徴は、ほどよい甘みとあっさりとした粘り気です。
粒の揃った行儀の良い乙女のような品種だと言えるでしょう。

味が良いのはもちろんですが、コシヒカリより香りが抑えられているので、牛丼や親子丼、さらにカレーライスや卵かけご飯などとも相性がとても良いです。
他にも、ちらし寿司や手巻き寿司のように、素材の味を引き立てたい場合にもおすすめですよ。
また、炊き上がりのツヤや見栄えもとても良いので、美味しそうな見た目を演出できます。

*食感について解説

粒がしっかりしていて、粒と粒の間に空気を溜め込むため、ほっこりとした食感になっています。
全体的にふわっとした食感だと言えるでしょう。
また、飲み込んだときに粒の存在を感じられるので、余韻も味わえますよ。

□ふさおとめの歴史や名前の由来についてご紹介します

とても美味しいと評判の千葉県産ふさおとめですが、どのように誕生したのでしょうか。
ここでは、ふさおとめの歴史や名前の由来についてご紹介します。

*歴史について解説

ふさおとめが生まれた千葉県には利根川が流れており、お米を収穫できる時期の秋に下流域で洪水が起きることが多いです。
洪水によって収穫ができないというリスクを回避するために、千葉県では従来の収穫時期よりも比較的早い時期に収穫できる品種が求められてきました。

その要望に応えるために生まれたのがふさおとめです。
ひとめぼれという品種とハナエチゼンという品種が掛け合わされて誕生しました。
ひとめぼれは味がよくて、ハナエチゼンは早生で大粒だという特徴があります。
それらの良さを引き継いで生まれました。

ふさおとめの収穫時期は他のお米よりも早い8月上旬から始まります。
そのような特徴からふさおとめはとても人気になり、平成29年度には千葉県内の作付面積第3位にランクインするほど生産されるようになりました。
このようにしてふさおとめは人気のあるお米として認知されるようになったのですね。

*名前の由来について解説

ふさおとめの名前の由来は、千葉県房総半島の房(ふさ)と、白くふっくらとしてツヤがある炊き上がりをイメージさせるようなおとめという言葉が組み合わされて命名されました。

□まとめ

本記事で紹介したように、ふさおとめはとても美味しいお米です。
ぜひ一度お米のくりやのホームページで詳細を見てみてくださいね。

 

 

 

愛知産のお米「あいちのかおり」について紹介します!

愛知県産のお米「あいちのかおり」について知りたい方はいらっしゃると思います。
どのような特徴のお米なのか?本記事では、あいちのかおりの特徴や歴史についてごはんソムリエ徳永真悟が解説していきます。

□愛知県産あいちのかおりについてご紹介!

みなさんは愛知県産の美味しいお米である、あいちのかおりという品種をご存知でしょうか。
実は愛知県においては、あいちのかおりはコシヒカリよりも作付面積が多く、最も生産されているお米です。
全国的に有名というわけではありませんが、地元の方々に愛されていて知る人ぞ知る人気のお米なのです。
そんな「あいちのかおり」の特徴について詳しく見ていきましょう。

*あいちのかおりの特徴は?

あいちのかおりはコシヒカリよりも一回り粒が大きく、見た目の存在感も味の存在感も他より抜きん出ているお米です。
全国で生産されている他の品種よりトップクラスに粒が大きく、普段食べているお米が小さく見えてしまうくらいです。

そんなあいちのかおりの味の特徴は、あっさりとした口当たりです。
粘り気や甘みのバランスがとてもよく、冷めても硬くなりにくいので、お弁当やおにぎりとしてもおすすめです。

□あいちのかおりの歴史や現状についてご紹介します

あいちのかおりの歴史は長く、1977年に愛知県の農業総合試験場で誕生しました。
希少なお米であるハツシモという品種とコシヒカリの系統であるミネノアサヒという品種を交配させて作られました。
愛知県の作付け面積の約40パーセントを占めるほどの人気を誇っており、愛知県においては全国的に有名なコシヒカリをかなり上回っています。
学校の給食でもあいちのかおりがよく使われており、愛知県では知名度がとても高いです。

あいちのかおりは愛知県を中心として栽培されています。
愛知県は木曽川などの豊かな川が流れており、下流域には肥沃な土砂が堆積してできた平野があるので、農業にとても向いている土地だと言えるでしょう。
気候や降水量も安定しているので、その点からもお米づくりに適していると言えます。

かつては洪水などの水害が多い地域だったのですが、先人達が治水に力を入れてきた結果、あいちのかおりの一大産地となることができました。
そんな肥沃な土地で栽培されたあいちのかおりを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

愛知県産のお米あいちのかおりについて知っていただけましたでしょうか。
これらを参考に、ぜひあいちのかおりを注文してみてくださいね。

 

滋賀県産で作るお米「イセヒカリ」の良さを詳しく解説!

美味しいと話題の「イセヒカリ」について知りたい方は多くいらっしゃると思います。
どのような特徴があるお米なのかを知っておきたいですよね。
この記事では、イセヒカリの特徴や美味しさの理由についてごはんソムリエ徳永真悟が解説していきます。

□イセヒカリという品種の特徴とは?

イセヒカリは、平成元年の秋に伊勢神宮神田で発見されたお米です。
伊勢神宮神田は、神様に捧げるためのお米を作る場所なので、そこで見つけられたお米ということもあり、とても縁起のいいお米だと言えるでしょう。

台風が通過し、ほとんどの稲が倒れている中、直立して黄金の輝きを放っていたそうです。
栽培していくうちに、コシヒカリよりも美味しく、倒れにくく、病気にも強いというとても素晴らしい特性を持っている品種であることがわかりました。
イセヒカリは全国各地の神社に種籾(たねもみ)の下賜(かし)が認められました。
そんなイセヒカリの特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

*倒れにくい上に品質がとても良い

イセヒカリは耐倒伏性に優れており、台風のような厳しい環境でも倒れづらいとされています。
そのため、品質の確保がとてもしやすく、安定した収穫が可能となるでしょう。
そのような点が特筆すべき特徴だと言えます。

*病気や害虫に強い

お米は様々な疫病や害虫によって収穫できなくなることがあります。
それらを防ぐために、農薬を使ったり、品質管理をとても丁寧に行なったりしているところがあります。
しかし、イセヒカリの場合は、そもそもの耐病性が高いので、農薬の使用量を減らせるという特徴があります。
病気に強いと、安定して収穫できるだけでなく、農薬の使用量も減らせるので、身体にも優しいという強みがあるのですね。

□イセヒカリが美味しい理由について解説します

先述したように、イセヒカリは突然変異的に伊勢神宮神田に現れたので、まるで神が植えたかのように思い、10年近くの間その存在を表に出していませんでした。
また、イセヒカリは登録品種や推奨品種ではないため、あまりちまたには出回っていません。
そんな希少品種のイセヒカリが美味しいと言われている理由はどこにあるのでしょうか。

*食味値がとても高い

お米の美味しさを示す値として、食味値というものがあるのですが、その値はアミロースやタンパク質などの成分の含有量で決められています。
県の推奨品種は一般的に70以上の食味値なのですが、イセヒカリは驚くべきことに80以上の数値を出したとされています。
そのため、一般的に美味しいとされているお米よりも、さらに美味しいことが見込めるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

イセヒカリの特徴や美味しさの理由について知っていただけたでしょうか。
これらを参考にぜひイセヒカリを注文して食べてみてくださいね。

 

 

兵庫県産のお米コウノトリ米と蛇紋岩米について詳しく紹介!

隠れた米どころ兵庫県産のお米である「コウノトリ米」と「蛇紋岩米」について知りたい方は多くいらっしゃると思います。

それぞれどのようなお米なのか「ごはんソムリエ徳永真悟」がそれぞれの特徴について解説していきます。

□蛇紋岩米こしひかりとはどのようなお米なの?

蛇紋岩とは、ミネラル分を豊富に含んでいる岩石のことで、それが堆積してできた土壌で生産されているお米のことを蛇紋岩米と呼びます。

蛇紋岩の土壌は全国にもたくさんありますが、水田が広がり、たくさんの量のお米が収穫できるような地域はなかなかありません。
兵庫県養父市の一部に広がる蛇紋岩土壌で作られたお米だけを蛇紋岩米として出荷しています。

そんな蛇紋岩米コシヒカリの味わいにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。
つやつやした大粒のお米で、ふっくらとしており、噛んだ時に粘り強さがあるのが特徴です。
また、おかずがいらないほどの甘さを感じられると評判で、炊き上がった時の香りもとても良いです。
このような美味しさを実現できるのは、豊富なミネラルを含んだ土壌で、綺麗な水と昼夜の温度差があることが理由です。
お米としての旨みや栄養価が高いので、オススメの品種だと言えます。

□コウノトリ米(豊岡産コシヒカリ)について解説します!

以前は至る所で見られていたコウノトリは、現在では数が減少し、兵庫県の豊岡市でしか見られなくなってきました。
コウノトリはたくさんの食料を必要とするので、豊岡の肥沃な田んぼにいるたくさんの生き物を目当てに来訪するようになったのでしょう。
そんな減り続けるコウノトリを助けるために、より自然にちかい「コウノトリ育む農法」を使ったお米が生まれました。
田んぼも自然界の法則に従って動いているので、多くの生き物が宿るために徹底して水管理をし、肥沃な農地を実現させています。

そんな肥沃な農地にはコウノトリ以外にも様々な鳥たちが餌を食べにこの水田に顔を出します。
水管理を徹底した場所で作られたコウノトリ米を食べることで、鳥類を含む環境への貢献もできます。
環境のために行動すると聞くと少し億劫になってしまうかもしれませんが、このお米の購買を通じて間接的に貢献してみてはいかがでしょうか。

コウノトリ米を栽培している水田では、通常より早い段階で水を張ったり、水深を深くして管理したりすることで、多種多様な生き物が生息できるようにしています。
農薬や化学肥料をほぼ使わず、安全で安心なお米作りを行なっていますので、健康にも優しいのは嬉しいポイントですよね。

□まとめ

蛇紋岩米とコウノトリ米それぞれの特徴について知っていただけたでしょうか。
健康だけでなく、環境にも優しいコウノトリ米を買うのも、ミネラルを豊富に含んだ土壌で作られる蛇紋岩米を買うのもおすすめですよ。
これらを参考にぜひお米のくりやで注文してみてくださいね。

 

知っておくべき!おいしいお米「ミルキークイーン」の特徴

「おすすめのお米を知りたい」
「ミルキークイーンの特徴や歴史を知りたい」と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、おいしいお米「ミルキークイーン」の特徴について、ごはんソムリエ徳永真悟がご紹介します。

□ミルキークイーンの誕生

ミルキークイーンは、平成元年から6年にかけて行われた農水省の「スーパーライス計画」という新種開発の一環で誕生したお米です。
この計画には、大学・民間企業・公立の研究所などが協力しました。
生まれは、茨城県のつくば農業研究センターです。
暖かい環境でも育成可能なため、南東北地方以南で幅広く栽培されています。

□ミルキークイーンの産地

ミルキークイーンは主に南東北より南で栽培されています。
具体的には、関東や九州で幅広く栽培されています。

□ミルキークイーンの美味しい炊き方

ミルキークイーンは水分を多く含んでいます。
特徴である食感を引き出すには、炊飯時の水の量がカギです。
水を加えて、夏場は30分、冬場は2時間ほどそのまま浸しておきましょう。

□ミルキークイーンの美味しい食べ方

ミルキークイーンは、もち米の次にもちもちしていますので、冷めても硬くなりにくいため、お弁当やおにぎりに適しています。
炊飯を一度にまとめて行い、小分けにして冷凍保存することをおすすめします。
湯気ごとしっかりラップで包んで冷凍すれば、解凍後も変わらぬ美味しさを楽しめます。

□ミルキークイーンの特徴

*もち米として使用できるほどの粘り強さNo1

ミルキークイーンは、アミロース含有量が低いです。
そのため、粘りが強く、柔らかい弾力のお米になっています。
理由は2種類のでんぷんに関係しています。

でんぷんには、アミロースとアミロペクチンの2種類があります。
アミロースの割合によって粘り気が変わります。
アミロースの割合が低い低アミロース米は粘りの強いお米です。

*冷めても美味しく味わえるのはなぜ?

アミロース含有量が低いほど柔らかくなり、冷めても硬くなりにくいお米です。
ミルキークイーンのアミロース含有量はコシヒカリの半分以下と言われており、もち米の次にもちもちしているという特徴を持つ銘柄のため、冷めても硬くなりにくく美味しいお米と言えます。
実際、冷めても美味しく食べられるお米として右に出るものがないくらいほど知名度が高いです。

□まとめ

今回は、おいしいお米「ミルキークイーン」の特徴について、ご紹介しました。
当社は、仕入れる前に産地を訪問し、お米づくりの考え方、その環境をお伺いしています。
そして、お互い共感できた生産者と取引をしており、当社のこだわりは出荷時の安定した品質です。
そのため、厳しい入荷基準と最高の出荷基準を設けています。

お米のくりやで販売している石川能登産のミルキークイーンは完全生産者指定米です。安心してご賞味下さい。

宮城県登米産ひとめぼれ「有機米の達人 石井稔さん」が育てたお米

業界では超有名人、宮城県登米産ひとめぼれ「有機米の達人 石井稔さん」が育てたお米について知りたいという方はいらっしゃいませんか。

「美味しいと聞くけど、実際どうなのだろう。」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
「有機米の達人 石井稔さん」が育てたお米はとても美味しいので、今回はそのひとめぼれの良さについてごはんソムリエ徳永真悟が解説します。

□「ひとめぼれ」の特徴とは?

ひとめぼれは、宮城県で1981年に開発された品種です。
美味しさと寒さを兼ね備えたお米を作ることを目指して、コシヒカリと初星という品種を掛け合わせて生まれました。
1993年に冷害によってササニシキにとても被害が出たため、それを代替する品種としてひとめぼれが注目され、1994年には作付け面積は全国2位となるという躍進ぶりを見せました。
味が良い上に、寒い地域や暖かい地域でも栽培しやすいため、とても人気が出たのでしょう。
流通量もとても多く、一般のご家庭だけでなく、飲食店にも人気のあるお米です。

*ひとめぼれはどのような地域で主に生産されているの?

ひとめぼれは、全国的にたくさん栽培されているのですが、主な生産地は、宮城県、秋田県、岩手県、福島県、山形県などが多いです。
こう見てみると、東北地方に人気があるのですね。
また、地域ごとにひとめぼれの味や食感にも差が見られるので、自分好みの味を探すこともできますよ。

□ひとめぼれはどのような味なの?

では、具体的にひとめぼれはどのような味なのか見ていきましょう。

ひとめぼれは粘りが強く、ふっくらもっちりと炊き上がります。
ツヤや甘み、うま味、香りなどのバランスがとてもよく、クセが強くないので、様々な種類の料理に合いますよ。
優しい味わいでもあるので、おかずを引き立てられます。
冷めても美味しさを保てるので、お弁当にもおすすめです。
また、和食にもとても合うので、和食を好んで食べる家庭にはとてもぴったりだと言えるでしょう。

*宮城県登米産のひとめぼれは特A評価を22回も獲得している

実は宮城県登米産のひとめぼれはかなり評価が高く、お米の食味ランキングで最も高い位である特A評価を22回も獲得しています。
厳選されたお米の中から、最高位の評価を獲得しているのはとてもすごいですよね。

生産者である「有機米の達人」石井稔さんは、米食味鑑定士協会コンクールで、殿堂入り。ダイヤモンド褒章受章の永久称号を受賞!されています。

 

□まとめ

ひとめぼれの良さについて知っていただけたと思います。
登米産のひとめぼれは特A評価を22回も獲得しているので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

福井県産の美味しいお米「いちほまれ」を食べよう!

どのようなお米がいいのかわからないという方は多くいらっしゃると思います。
実際にたくさんの品種がある中、どのお米が自分に合うのかわからなくて困ってしまいますよね。

この記事では、福井県産のいちほまれという品種について「ごはんソムリエ徳永真悟」が解説いたします。ぜひ参考にしてみてください。

□いちほまれとは、どのようなお米なの?

いちほまれは、コシヒカリの跡を継ぐ品種として開発された福井県産のお米です。
お米好きの中ではとても有名な品種で、販売された直後に即完売したほど人気があるお米です。

福井県はコシヒカリを開発した場所なのですが、そのコシヒカリを超える品種を作ろうと平成23年に開発が着手されました。
およそ6年の開発期間を経て、20万種の中から選抜された品種を掛け合わせて誕生しました。

いちほまれという名前には、日本一美味しい、ほまれ高きお米という意味が込められています。
そんないちほまれの開発経緯を詳しく見ていきましょう。

先述したように、開発目標はコシヒカリを超える品種を作り出すことです。
それだけでなく、夏の高温にも負けずに実り、有機質肥料で安定して栽培できることも目指していました。
そんな中、開発メンバーが20万種の中から、玄米の出来や稲の特性を遺伝子レベルで調べていき、100種まで厳選しました。
何回も試食を繰り返し、硬さや粘り、味をきちんと確認していった上で、意見を交換し合い、選んでいきました。

そして、様々な意見を統合させていき、ようやく2016年に誕生した新品種です。
最初の方は試験的に販売していたのですが、すぐに生産量を5倍に増やして本格的に販売するようになりました。
非常に注目を集めている品種で人気がとても高いので、通販で購入することをおすすめします。

□いちほまれは、なぜ美味しいのかについて解説します

いちほまれは、おかずが不要なくらい美味しいというのをキャッチコピーにしており、とても味わい深い品種であることがわかります。

コシヒカリの美味しさを引き継ぎ、優しい甘み、ほどよい粘り、柔らかさを兼ね備えているバランスの良い味わいを実現しました。
また、白くツヤがある見た目も美味しさを引き立てています。
粒は大きめで、しっかりとした弾力があるので、飽きずに楽しめますよ。
また、冷めても美味しく、甘みをきちんと感じられるので、おにぎりやお弁当にもおすすめです。

□まとめ

福井県産のいちほまれについて知っていただけましたか。
この記事でご紹介したように、いちほまれはとても人気がある品種です。
もしご興味がありましたら、一度お米のくりやでどうぞ!

 

 

京都府丹後産のお米「コシヒカリ」について詳しくご紹介します

京都府のコシヒカリの美味しさについて気になっている方はいらっしゃいませんか。

その中でも京都丹後与謝野町産のコシヒカリはとても美味しいと有名なので、その特徴や味についてごはんソムリエ徳永真悟が解説します。

□京都丹後与謝野町産のコシヒカリの特徴や味について解説

日本海側に面している京都府の丹後市与謝野町にはとても上質な土壌があります。
マグネシウムなどのミネラルが豊富な土地なので、そこで育てられたお米は甘みが強く、食感がよくなりやすいです。
丹後市与謝野町はとても豊かな自然に囲まれており、見るものを魅了するような素晴らしい田園風景を作り出します。
そんな京都丹後与謝野町で作られたコシヒカリにはどのような味の特徴があるのでしょうか。

*京都丹後与謝野町産のコシヒカリは弾力が強い

日本のお米は弾力が強い品種が多いため、モチモチ感があるお米が人気になりやすいです。
丹後与謝野町産のコシヒカリはとても弾力がよく、モチモチさをかなり感じられます。もっちりとしていて、粘りがあるだけでなく、そこにほどよい甘みが感じられるので、おかずとの相性は抜群です。

コシヒカリの良さが存分に出ていると言えるでしょう。
その美味しさから、リピーターもとても多く、コシヒカリ本来の味を楽しめると評判です。
柔らかさも申し分ないので、和食、洋食、中華などの幅広いジャンルの料理と合いますよ。

□京都丹後与謝野町産のコシヒカリは特A評価を12回獲得したことがある

近年は、地球温暖化の影響で夏の温度が高くなる傾向が強まっており、お米の品質管理が難しくなってきています。
そんな中、京都府丹後地域はきちんと稲の生育量を測定し、最適な施肥量を計測、それを元に指導用データを活用できるように活動してきました。
味や品質を向上させるために、どのくらい肥料を使用したらいいのかを判定するスマートフォンアプリを開発するなどの精力的な活動も行なっています。

そんな京都丹後与謝野町で作られたコシヒカリは、今まで通算12回もの特A評価を獲得したことがあります。
特A評価とは、お米の味のランキングによる5段階評価のうちの最高位の評価で、数ある品種の中から選び出されることは大変な名誉です。
そんな特A評価を12回も獲得したことがある京都府丹後産のコシヒカリは味がしっかりと保証されていると言えるでしょう。

□まとめ

京都府丹後与謝野町産のコシヒカリの特徴や味について知っていただけたと思います。
京都府丹後与謝野町産のコシヒカリは12回も過去に特A評価を獲得したことがあるので、ぜひその認められた味を試してみてくださいね。

 

 

山形県産のお米「雪若丸」と「つや姫」と「ササニシキ」の違いについて解説

山形県産のお米が気になっている方はいらっしゃいませんか。
「たくさんの種類があるから、どれを選べばいいかわからないな。」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、山形県産のお米である雪若丸、つや姫、ササニシキについて「ごはんソムリエ徳永真悟」が解説します。

□雪若丸とはどのようなお米なの?

雪若丸は山形県期待の新品種で、開発するのに10年かかったという新星です。
後ほど解説するつや姫の弟分として雪若丸という名前が付けられました。
稲はとても耐久力があるので、栽培しやすく、作付面積もどんどん増えています。
では、具体的にどのような味の特徴があるのでしょうか。

雪若丸は一粒一粒がしっかりしていて、光沢があります。
粘りのバランスも良く、とても美味しいと評判です。
また、大粒で粒感があるので、食べ応えがあるという点からも評価が高いのでしょう。
満足感がありながらもさっぱりと召し上がれるというのが特徴だと言えるでしょう。

何よりもの特徴は、普通に食べても美味しいのですが、特に汁物。どんぶり(丼)に良く合うと言われています。是非食べてみて下さい。

□つや姫の特徴について解説!

つや姫は、2010年に登場した山形県のブランド米です。
また、つや姫は県の戦略的品種に指定されているため、県が認定した農家しか栽培できません。
そのため、つや姫は品質管理がきちんとされており、一定の美味しいお米を常に食べられるのが特徴です。

また、10年連続で特A評価を獲得しているため、お米の品評会の審査員からも美味しいというお墨付きが得られています。

つや姫は旨みや甘みが強い上に、さっぱりしていて口当たりの軽さや粘り気などのバランスが良い品種です。
旨み成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸の含有量はコシヒカリよりも多いとされています。
また、味が良いだけでなく、ツヤも素晴らしいので、見た目からも美味しそうに感じられますよ。

□ササニシキは美味しいの?

ササニシキは日本に昔からある品種で、あっさりとした上品な味わいが魅力のお米です。
ただ、稲の病気などに弱く生産する農家さんが減り、今では貴重なお米となっています。
その味はクセが少なく、様々な料理に合うような特徴を持っているので、和食への相性が良いです。
粘り気が少ない品種なので、寿司用のお米としても人気で、お寿司屋さんではササニシキを使用しているお店も多いです。

和食に向いているので、あっさりと食べたい方や粘り気が少ないお米を食べてみたい方におすすめだと言えるでしょう。

□まとめ

雪若丸、つや姫、ササニシキの特徴について知っていただけたと思います。
それぞれ人気があり、バラエティに富んでいます。
まずは一度試してみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽にお米のくりやにご連絡ください。

 

 

香川県さんのお米「おいでまい」がおすすめの理由について解説します

香川県産の「おいでまい」とはどのような品種なのでしょうか。
お米は種類によってかなり味や食感が変わるので、それぞれの品種の特徴を知っておきたいですよね。
今回は、香川県産の「おいでまい」の特徴について、ごはんソムリエ徳永真悟がご紹介いたします。

□おいでまいの特徴とは?

おいでまいは、香川県で生まれた米粒の綺麗なお米です。
讃岐弁で「いらっしゃい」を「おいでまい」と言うので、それと米のまいをかけて命名されました。
香川県のお米をたくさんの人に食べに来て欲しいという意味も込められています。
高温によるお米への障害が少なく、玄米の粒に丸みがあり、粒ぞろいが良いという特徴があります。

おいでまいは、現在の温暖化問題に向き合うために開発されました。

香川県の水田は平野にあることが多いので、暑くなりやすく、温暖化によって白く濁ったお米ができてしまうという被害が多く出ていました。

そこで、味がよく、高温への耐性が強い品種の開発が2002年から着手されました。
味と品質が良い「あわみのり」、そして食味が良い「ほほえみ」の2種類を交配させた結果生まれたのが「おいでまい」です。
おいでまいは平成22年に県内で奨励品種に採用されるなど、人気が高くなってきました。

そんな「おいでまい」の味の特徴について見ていきましょう。
炊きたてのおいでまいは明るい色をしており、つやつやしていて、食欲がかきたてられます。
クセのない味わいで、粘りと味はコシヒカリによく似ています。
もっちり系というよりは、あっさり系の喉ごしです。

□おいでまいは特A評価を獲得している美味しいお米

おいでまいが出るまでは、香川県のお米の食味ランキングではA評価を獲得するのが限界でしたが、品質にこだわった結果、平成25年には特A評価を獲得できました。
四国から生まれたお米では初めて特A評価を獲得できたので、ブランド力がかなり高いお米になったと言えるでしょう。
極端に栽培に制限を設けているわけではありませんが、おいでまいマイスターという指導者が栽培指導を行なっていたり、品質管理を徹底したりしているため、品質の良いお米を流通させるためにかなり気を配っています。
香川県の農業生産流通課を中心とし、JA香川県、生産者代表、販売団体、料理家などがおいでまい委員会を設置し、品質管理やブランド力向上を目指しています。

□まとめ

香川県産の「おいでまい」の特徴について知っていただけましたか。
おいでまいの特徴はクセが少なく、コシヒカリに似た粘りや味わいがあるというところでしたね。
また、特A評価も獲得しているので、一定の品質は担保されていると言えるでしょう。
もしご興味がありましたら、お米のくりやに問い合わせてみてくださいね。

 

 

熊本県産のお米「森のくまさん」と「合鴨農法米ヒノヒカリ」とは?

良いお米を選びたいけど、結局のところ、どのお米を選んだらいいのかわからないとお考えの方はいませんか。

そこでこの記事では、熊本県産の森のくまさんと合鴨農法米ヒノヒカリという品種について、ごはんソムリエ徳永真悟が解説いたします。

□森のくまさんの特徴とは?

「森のくまさん」は、コシヒカリとヒノヒカリという有名な2つの品種を掛け合わせて、それぞれの良いところを引き継いだお米で、平成元年から開発に着手し、8年程度の期間をかけて作り上げられました。

「森のくまさん」という名前は、非常に楽しげなネーミングですが、名前の由来は、その昔夏目漱石が緑に恵まれたところである熊本を杜の都と称しており、その森の熊本で生産されることから森のくまさんと命名されました。

そんな森のくまさんにはどのような味わいがあるのでしょうか?
お米の産地としては、やはり東北地方や北海道、北陸などの北国をイメージされる方が多いと思います。
しかし、九州にも美味しいお米はあります。
熊本県産の森のくまさんは粒がしっかりしており、特徴的な甘さも持ち合わせております。

また、普通のお米とは違う香ばしい香りが漂ってくるので、食欲をかきたてられますよ。
炊飯器で炊いている時の香りがとても良いので、家族内での人気も高まるでしょう。
さらに、2012年には特A評価と最多得点を獲得し、全国1位を獲得したこともあるというかなり実力のあるお米です。

□合鴨農法米ヒノヒカリについて解説

みなさんは、合鴨農法というお米づくりの方法を聞いたことがありますか。
農薬や肥料を一切使わず、合鴨に雑草や害虫を食べてもらうことでお米を育てる農法です。
さらに合鴨が田んぼを泳ぐことで、酸素が土に混ざりやすくなり、稲にきちんと酸素を供給して強く育ててくれます。

最も大きな特徴としては、自然にとても優しいことでしょう。
自然のサイクルに従い、自然の恵みから得られるお米を分けてもらうような形なので、年間ではあまり大量には生産できないため、とても貴重なお米なのです。
そのように丹精込めて合鴨とともに育てたお米を合鴨米と称しています。

合鴨農法を行う田んぼには、ぼかし肥という米ぬかなどの有機肥料に土や大豆、魚カスなどを混ぜて発酵させた自然由来の堆肥を入れています。
その結果、稲の根、微生物、土の3者の関係性が保たれ、植物が栄養を吸収しやすくなり、本来の持ち味を存分に引き出せます。
良い土壌があることで、しっかりとした食感で味も良くなり、あっさりした味わいの合鴨農法米が出来上がります。

□まとめ

熊本県産の森のくまさんと合鴨農法米ヒノヒカリについて知っていただけましたか。
この記事でご紹介したように、九州にもとても美味しいお米があります。
もしご興味がありましたら一度お米のくりやに問い合わせてみてくださいね。