ダイエット中の方必見!お米とパンではどっちが太る?

体重が気になり始めて、ダイエットを決心した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
「食事は炭水化物を抜いたほうがいいかな?でもしっかりごはんやパンを食べたい。」
このような方も多くいらっしゃいます。
誰しも無理なダイエットではなく、炭水化物も食べながら健康的に痩せたいものです。
そこで今回は、米とパンではどちらが太りやすいのかについて解説致します。

 

□カロリー比較

お米とパンのカロリーを比べるとあまり変わりません。
お茶碗一杯で270キロカロリーほどです。
食パンも同じくらいのカロリーとなっています。

ここでポイントになるのが、何と一緒に食べるかです。
お米やパン単体で食べる方は少ないでしょう。
お米には納豆、卵焼き、のりなどと一緒に食べますし、パンの場合はバターやジャム、目玉焼きやベーコンと一緒に食べる方もいらっしゃるかと思います。

お米の場合は、おかずのバラエティが豊富です。餃子やマーボー豆腐などの中華、カレー、ハンバーグなど洋食、納豆や焼き魚などの和食と、ごはんはなんにでも相性抜群です。
つまり、ダイエットしたいときは、おかずをヘルシーなものにすることでカロリーを抑えることができるのです。
一方でパンの場合は、ジャムや目玉焼き、ベーコン、チーズのように、一緒に食べるものが限られています。
お米の方が、一緒に食べるものを変えられるという点で、継続的なダイエットがやりやすく、適していると言えます。

 

□食べごたえ

ダイエットでは食べ応えがあるかについても重要です。
どうせ同じカロリーなら、より満足感のある方がいいですよね。
食べごたえを増やすための工夫をご紹介します。

*噛む回数
お米はパンに比べて噛む回数が多いのです。
そのため満腹感を感じやすくなります。
パンでも、噛み応えのあるのもを選ぶといいでしょう。

*血糖値の上がり方
パンを食べた場合、血糖値は急激に上昇します。
一方でお米の場合は、徐々に上昇します。
ダイエットや健康の面からも血糖値をゆっくりと上昇させるお米の方がいいでしょう。

 

□まとめ

今回は、米とパンではどちらが太りやすいのかについてご紹介しました。
カロリーの面ではあまり変わらないお米とパンですが、一緒に食べるものによって総カロリーが変わっていきます。
お米の方が、おかずの種類が豊富なので、継続的にダイエットできるでしょう。

そして、満腹感も大切なポイントです。
ダイエットをする際には満腹感が得やすくなる方がいいですよね。
スープなどお腹にたまるのもや、噛み応えのあるものがいいでしょう。
パンの中でも噛み応えのあるのもを選んだり、ごはんのなかでも玄米を混ぜてさらに満腹感を得られるようにするとダイエット効果もより高まります。
無理せず、お米を食べながら健康的に痩せましょう。

 

タイ米と日本米の違いは?タイ米のおいしい食べ方とは?

海外旅行に行ってお米を食べると、「何かいつもと違う」と思った方も多いのではないでしょうか。
それは日本米でないものを食べたからです。
日本米に比べて、タイ米は世界で8割ほどを占めているのです。
「そもそも日本と米タイ米はどうのように違うのか気になる!」
このような疑問をお持ちになるかと思います。
そこで今回は、日本米とタイ米の違いについてご紹介します。

 

□日本米とタイ米の比較

日本米は形が丸みをおびています。
水分を含んでおり、炊いた後もっちりとした食感があります。
噛むと甘味を感じ、ご飯と一緒におかずを食べるというスタイルです。
どんぶりにしたり、おにぎりにしても美味しいですよね。

一方でタイ米は細長い形が特徴です。
日本米に比べて水分が少なく、ぱさぱさした食感で、粘り気の少ないことが特徴です。
また、あまり甘味も感じられません。
しかし、これはタイ米が日本米のように食べるわけでないからです。

タイ米は煮ておかゆのようにしたり、スープやカレーに浸して食べます。
日本米のようにおかずと一緒にタイ米を食べるとぱさぱさした食感が気になりますが、水分が多い料理と一緒に食べるので問題はありません。
カレーなど水分の多いのもにタイ米はよく合います。
日本米のような粘りや甘味がないため、カレーのスパイスをしっかり味わうことができます。
また、ピラフやチャーハンのようにして食べることもおすすめです。
タイ米は水分が少ない分、チャーハンにしたときにはパラパラのおいしいチャーハンができますね。

 

□タイ米を家で炊くには

タイ米でおいしいチャーハン、カレーを食べてみたい場合はどのように炊けばいいのでしょうか?
タイ米は水分が少なく粘り気がありません。
お米を日本米のように研ぐのではなく、汚れを洗い流すという感じで優しく水ですすぐ程度にしましょう。
水加減に関しても、タイ米は水分をあまり吸収しないため日本米に比べて少な目にします。

 

□カロリーの違い

日本米に比べてタイ米はカロリーが少し高い程度です。
100gあたり、日本米が358キロカロリー、タイ米は369キロカロリーです。
カロリー的にはあまり変わりませんが、食べ方で食事全体のカロリーが変わります。
日本米の場合はおかずをヘルシーなものに置き換えることもできますが、タイ米の場合はカロリーの高めなカレーやチャーハンなどになるので、要注意です。

 

□まとめ

今回は、日本米とタイ米の違いについてご紹介しました。
普段日本米に慣れ親しんだ人にとって、タイ米は苦手という方も多くいらっしゃいます。
しかし、タイ米の特徴を理解し、タイ米に合った食べ方をすることで美味しく食べることができます。
海外旅行に行く際は、ぜひタイ米にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

土鍋で炊き込みご飯に挑戦しませんか?作り方のポイントをご紹介!

土鍋でごはんを炊くと、お米のおいしさに感動したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
土鍋で炊いたら、炊き込みご飯も炊飯器で作るより何倍もおいしくなりそうで期待が高まりますね。
そこで今回は、土鍋で炊き込みご飯を作る際のポイントや作り方についてご説明します。

 

□失敗しないポイント

*お米の浸水
炊き込みご飯で失敗したなと思うことは、炊いた後にお米に芯が残っているときです。
お米に芯が残らないようにするためには、お米の浸水を必ずおこないましょう。
お米を洗ったあとそのまま炊くのではなく、浸水させます。
30分から1時間程度しっかりと時間をかけましょう。
このとき、浸水は土鍋ではない他の容器でします。
土鍋で浸水をおこなうと土鍋が水分を吸収してひび割れの原因になってしまうことがあります。

*水加減
しっかりと浸水させたあとにもう一つ気をつけたいことが、水加減です。
炊き込みご飯の場合、調味料を入れたり、野菜を入れるので水の量は調整する必要があります。
目安は1合200㏄です。
まずは調味料を計って入れてから、調味料の分を抜いたお水をいれて、合計200㏄になるようにしましょう。

 

□炊き込みご飯の作り方

炊き込みごはんを作る際も白米を炊くときと基本的には変わりません。
手順は以下の通りです。

まずはお米を洗います。
そのあと、30分から1時間お米を浸水させます。
この間に他の料理を作ったり、炊き込みご飯に入れる具材の準備をします。
浸水が終わったら、調味料を計って入れ、その分を差し引いたお水を加えます。
調味料とお米をよく混ぜ、具材を平らにします。
そのあとは土鍋で炊きます。
中火で10分火にかけ、沸騰したら弱火で15分かけます。
最後に10分程度蒸らせば完成です。

このように作る手順はシンプルなので、失敗しないポイントがわかれば、おいしく召し上がれるでしょう。
またお好きな具材を入れるとよいですね。
調味料は醤油、みりん、酒、白だしが基本となっています
また、季節の野菜や魚介類、お肉を入れて、季節感のある炊き込みご飯を楽しむことができます。

 

□まとめ

今回は、土鍋で炊き込みご飯を作る際のポイントや作り方についてご紹介しました。
炊き込みご飯を作るときのポイントは浸水と水加減のみです。
そこを押さえれば、あとは好きな具材を入れていつも通り炊くだけです。
簡単に美味しい炊き込みご飯の完成です。
とても簡単なので、ぜひ一度炊き込みご飯に挑戦してお気に入りのレシピを見つけましょう。

 

土鍋と炊飯器の違いとは?土鍋のメリットをご紹介!

お米は毎日、多い日には3食すべてお米ということもありますよね。
だからこそ、おいしいお米を食べたいものです。
「ずっと炊飯器を使ってきたけど、土鍋だと美味しく炊けるの?そんなに違うの?」
もちろんおいしいお米を買うべきですが、炊き方でもお米のおいしさが変わります。
ずっと炊飯器を使っている方は、土鍋に変えてみませんか?
そこで今回は、土鍋のメリットについて、炊飯器との違いに触れながらご説明します。

 

□土鍋のメリット

*味
土鍋の良さはなんといってもそのおいしさです。
炊飯器でも、土鍋の製法を利用したものがあるように、土鍋で炊くとお米が美味しく炊くことができるのです。
お米がふっくらと、ツヤツヤに炊けます。
香りも香ばしいのです。
炊飯器ではまねできない美味しさです。

*時間
炊けるまでの時間も異なります。
土鍋の場合、お米を炊く時間は35分程度です。
炊飯器の場合は1時間程度かかるので、土鍋の方が早く炊くことができ、時短にもなります。
しかし、土鍋の場合は炊く前に30分から1時間の浸水時間が必要です。
お米を最初に洗って、浸水している間に他の料理を作るようにするとよいでしょう。

*ガス、電気代
土鍋の方が炊飯器より時短のため、その分光熱費も安く済みます。
時短でさらにお得になるのはうれしいですね。

*アレンジが効く
土鍋で炊いて余ったごはんは、土鍋のまま冷蔵保存できます。
そして翌日に火にかけて簡単に雑炊やリゾットにアレンジできます。

*値段もお手頃
土鍋というと高価なイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。
しかし、意外とお手頃に手に入ります。
3合用の土鍋が数千円程度から買えるので、まず挑戦してみるのもいいですね。
土鍋がいいなと感じたら、1万円くらいの土鍋を買うと良いかもしれません。

 

□土鍋のデメリット

土鍋の場合、保温や予約機能がありません。
普段忙しい人には大変かもしれません。
平日は炊飯器、休日は土鍋でちょっと贅沢をしてみるのもいいかもしれませんね。
そしてお手入れにも気をつけましょう。
土鍋は、たわしでごしごしあらったり、洗剤をつけることはあまりよくありません。
お湯で汚れを取る必要があります。

□まとめ

今回は、土鍋のメリットについて、炊飯器との違いに触れながらご説明しました。
炊飯器で炊くより土鍋で炊く方が美味しいのはもちろんのこと、その他にもメリットがありました。
時短で節約にもなり、ふっくらおいしいお米が食べられます。
土鍋で炊こうか考えている方はぜひ挑戦してみてください。

 

お米に虫が湧いた?原因と対策を解説します!

お米を炊こうと思って米びつを開いたら、虫が湧いてた経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
「お米に虫がよく湧くので困っている。何が原因なのかを知りたい!」
気が付いてら虫が湧いていたという方は多いですよね。
そこで今回は、お米に虫が湧く原因と対策についてご説明します。

□虫が湧く原因

虫が湧く原因は主に2つです。

*隙間から虫が侵入
お米を保管している容器に隙間があり、そこから虫が侵入する場合があります。
そこ場合は、お米を密閉できる袋や容器にお米を移し替えることで虫が湧くことを防げる可能性があります。

*もともとお米に虫が付いていた
お米は田んぼで収穫されますよね。
自然な環境で作るので、どうしても虫はつきものです。
特に無農薬栽培などで虫が付いていた、虫の卵が付着していて孵化する可能性が考えられます。

*温度管理
暖かいところにお米を保存していると虫が湧きやすくなります。
梅雨の湿った時期や夏場には卵が孵化しやすい温度なので、虫がお米のなかで湧きやすいのです。

 

□対策

せっかくお米を食べようと思ったのに虫が湧いていたら、気持ちも悪いし、お米を食べる気もなくなってしまいますよね。
お米に虫が湧かないようにしっかりと対策をしましょう。

*冷蔵庫に保管する
温度が高いと虫が湧きやすくなります。
冷蔵庫に入れることで、卵が孵化しない環境をつくることができます。

*虫よけ剤を使用する
市販で売っているものや、炭、唐辛子などをお米の中に入れておくことで虫が湧くことを防ぎます。

*密封して保管する
虫が侵入できるような隙間がないようにしましょう。
お米を買ったときの袋のままではなく、専用の容器に入れることをオススメします。

*長期間放置しない
長期間お米を食べずに放置していると虫が湧きやすくなります。
一度に大量のお米を買うのではなく、短期間で食べきれる量を買うことも虫が湧くのを防ぐことにつながります。

□お米に虫が湧いた場合

「お米に虫が湧いたら、全部捨てた方がいいのかな?」
お米に虫が湧いても、しっかりと水で洗い、虫を取り除くことで食べられるようになります。
しかし、虫が湧いて食べたいと思う人は少ないですよね。
事前に対策をして虫が湧かないようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、お米に虫が湧く原因と対策についてご説明しました。
野菜やお肉に比べてお米の保管方法などをあまり気にしていないという人も多いでしょう。
しかしお米も食品なので、どうしても虫は寄ってくるです。
対策をして、お米を美味しく食べましょう。

 

お米に虫が湧く?ご自身に合った予防方法と種類を見つけましょう!

お米は日本人にとって主食ですし、ご家庭にお米を保管している方も多いのではないでしょうか。
お米を保管していて悩むのは、お米に虫が湧いてしまうことです。
「お米のなかに虫が湧いて困るけど、どの対策が自分に合っているのかな?」
対策方法もいくつかあり、それが一番効果的なのか気になりますよね。
そこで今回は、お米に虫が湧くことを防止する方法をご紹介します。

 

□お米は涼しいところへ

特に梅雨で湿った季節、夏場の暑い季節に虫が湧きやすいという方は、お米の保管場所を変えてみましょう。
虫が湧く原因の一つは温度です。
20度以上だと虫の卵が孵化しやすくなったり、虫の活動も活発になります。
お米の保管場所は、風通しがよく涼しいところに保管することが大切です。
特にオススメなのが冷蔵庫の中です。
冷蔵庫の中は湿気が少なく温度の高くないので、虫が発生しにくい環境として適しています。

 

□お米をよく食べる方、食べない方

一人暮らしの方はなかなかお米が減らない、大家族の方はお米もすぐになくなるなど、お米を消費する速さは人それぞれです。

一人暮らしの方は、お米の消費も遅くなりやすいので、一度にたくさんのお米を買うことを避けましょう。
3キロや5キロよりも10キロ買う方がお得だからと思うかもしれませんが、たくさん買って長期間放置していればお米も劣化し、虫が湧いたりと美味しく食べることができなくなってしまいます。
少量であれば冷蔵庫にも入るので、3キロや5キロずつお米を買うことをオススメします。

家族が多い方は、一度にたくさお米を買いますよね。
「冷蔵庫にいれたくても量が多いし入れるスペースがない」という方もいらっしゃいますよね。
その場合は小分けにして密封することをオススメします。
購入した際の袋に入れたままにすると、しっかりと密閉できていないため、虫が侵入しやすい環境になってしまうのです。
ペットボトルやジップロックに入れておくことで虫が湧くことを防ぎます。

□虫よけグッズの利用

ここまで温度管理や小分けにして密封するなど対策を紹介しました。
この対策だけでは不安、小分けにしたりするのは面倒という方にオススメします。
市販のもので唐辛子や炭の力を利用したものがあります。
また、ご自身で唐辛子や炭を購入してお米の中に入れておくことで、虫の発生を防ぐことに繋がります。

 

□まとめ

今回は、お米に虫が湧くことを防止する方法をご紹介しました。
ご自身の悩みや特徴に合わせた対策することが大切ですね。
一番効果的な方法は、冷蔵庫で保管することです。
しかし、スペースの問題でできないという方は、密封をしっかりする、虫よけ剤を使用するなどの対策を施しましょう。

 

お米を早く炊く方法とは?短縮方法をご紹介します!

「仕事が忙しくて家に帰ってもごはんと作る時間もない」「お米炊くのって結構時間かかるんだよね。できるだけ早く炊ける方法はないかな?」とお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
一人暮らしをしている方は、疲れて家に帰っても自分でごはんの準備をしなくてはいけません。
忙しくて疲れているときは、少しでも料理を簡単にして時間を時短したいですよね。
しかし、日本人にとってお米は欠かせません。
そこで今回は、お米をできるだけ早く炊く方法をご紹介します。

 

□お米の炊き方

一般的にお米を炊飯器で炊く人が多いですよね。
炊飯器の場合、標準モードで炊くと1時間程度かかります。
忙しい方にとって1時間は長すぎますね。
もっと早く炊ける方法をお伝えします。

*早炊きモード
炊飯器には早炊きモードがあることをご存知ですか?
標準モードだと1時間ほどかかるのに対して、早炊きモードは20分程で炊きあがります。
かなりの時間短縮になりますね。
使える機能は積極的に使っていきましょう。
早炊きモードは硬めにできあがることがあるので、少し水を多くしてもいいかもしれません。

*まとめ炊き
特に一人暮らしの方は、一気にたくさん食べることはありません。
しかし、いちいち食べる分だけ炊くのはもったいないですよね。
一気に3合5合と炊きましょう。
炊きあがってすぐに小分けにし、冷凍庫に保存することで味も落ちず、毎回美味しく食べることができます。
ジップロックやサランラップで小分けにすることがオススメです。
食べたいときに、小分けにしたごはんを4,5分レンジで温めると、簡単に美味しいごはんが食べられます。
時短だけでなく、一気に炊くので節電にもなります。

 

□フライパンを使う

フライパンは表面積が広い分、炊く時間も短縮できます。
20分ほどでお米を炊けます。
5合以上炊きたい場合は鍋を使った方がいいので、フライパンは一人暮らしの方や世帯人数が少ない家庭にオススメです。
1合200㏄を目安にお水を入れてください。
ふたをせずに強火かけ、沸騰したらふたをして中火で5分待ちます。
そのあとに一度かき混ぜで弱火で5分熱し、最後に5分程度蒸して完成です。
火加減と時間さえ気をつければ早く炊くことができます。

 

□無洗米

炊き方を早くするだけでなく、お米を洗う時間も短縮できますね。
お米をしっかり洗うとなると3~5分かかりますよね。
無洗米にすればその手間も省くことが可能です。

 

□まとめ

今回は、お米をできるだけ早く炊く方法をご紹介しました。
早炊きモードを使うのはもちろん、フライパンやお鍋を使うとお米を早く炊けます。
火加減に慣れれば、炊飯器を使うよりいいかもしれませんね。
一度にたくさん炊いて冷凍しておくこともオススメです。
忙しい中でもしっかりとごはんを食べて体調管理には気をつけてくださいね。

 

もち米をおいしく食べたい!炊き方や水加減をお伝えします!

もち米のもちっとした食感が好きという方もいらっしゃいますよね。
腹持ちもよく、普段の食事でもち米を主食にしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「もち米は普通の炊き方で大丈夫?いろいろと手間がかかるんじゃない?」など、もち米は炊き方が白米とは違い大変だというイメージをもっていませんか?
そこで今回は、もち米の炊き方と、当社おすすめのもち米をご紹介します。

 

□炊き方

もち米の特徴は水の吸収率です。
普通のお米に比べ、吸収率が高いのです。
お水でお米を洗うときには細心の注意が必要となります。
普段の通りのやり方で、もち米の洗っていると、お米に水が吸収され、炊きあがった際もべっちゃとしてしまう可能性があります。
もち米を洗う際は、すばやく時間をかけないようにしましょう。
もち米はお米が割れやすいので、優しく洗うことも忘れないでください。

この吸収率の高さから、お米を洗ったあとも気をつけましょう。
炊く前に水に浸水しているともち米が水を吸収してしまいます。
洗った後はすぐに炊くようにしてくださいね。
他の料理に合わせて浸水させたいという方は、料理の過程でお水を少し多めにしておきましょう。

もち米のもちっとした食感を活かすには水は少なめが良いでしょう。
普通の白米より少なめにします。
目安は1カップ180㏄です。

 

□おすすめのもち米

もち米好きの方には当社の赤飯をオススメします!
こだわりポイントは3つです。

*北海道産「はくちょうもち」
赤飯に適したもち米です。
時間が経ってももち米は硬くなりにくいので、赤飯にぴったりです。

*北海道産ほまれ大納言
大粒で食感がいいのが特徴です。
赤飯の中に入れても、もち米に負けない存在感があります。

*北海道産オホーツクの塩
うまみの詰まった北海道産の塩で、赤飯のおいしさを引き立てます。

もう一点、もち米でオススメなのが「ひよくもち」です。
コシと弾力がしっかりしています。
もち米ともちっとした食感が好きな方におすすめのもち米です。
弾力があるため、赤飯やお餅にして食べるのもおすすめです。
白米にもち米を混ぜで食べても食感を楽しむことができます。

 

□まとめ

今回は、もち米の炊き方と、当社おすすめのもち米をご紹介しました。
もち米は炊き方が難しいと思う方もいらっしゃいます。
しかし、水の吸収率が高いということさえ意識すれば大丈夫です。
お水で素早く洗う、そしてお水は少なめにしてすぐに炊きましょう。
もちもちのおいしいもち米が炊き上がります。

また、当社ではおいしい赤飯をご用意しています。
北海道産のこだわりのもち米、塩、小豆を使用しています。
ひよくもちは、もち米のもちもち食感を楽しめます。
もち米好きの方はぜひお試しください!

 

離乳食ならお粥がおすすめ!作り方をご紹介します!

お子さんが生後5,6か月を過ぎると離乳食を始める時期になりますね。
離乳食には何を食べたらいいのか、赤ちゃんが始め口にするものだからこそ手作りで安心安全なものを作りたいものです。
「離乳食って何がいいの?お米を使っても大丈夫かな?」
そこで今回は、離乳食でのお米の使い方をご紹介します。

 

□お米を食べてもいいの?

そもそも離乳食にお米がいいのかどうか気になりますよね。
お米は離乳食に最適な食材なのです。
生後6か月の赤ちゃんは小腸が発達していません。
この状態でも食べることができるものが炭水化物です。
炭水化物に種類はありますが、お米は水分を多く含み、赤ちゃんでも食べやすくすることができます。
お米を使った離乳食は赤ちゃんにも最適です。

 

□お米を使った離乳食

*10倍粥
まず離乳食を始めたら10倍粥がオススメです。
10倍粥とは、お米1対お水10の割合で作られています。
普段よりすごく薄いお粥という感じですね。
まだ固形分を食べたことのない赤ちゃんでも食べられ、お鍋にご飯とお水を入れて煮るだけなのでお母さんの負担が少ないのです。
毎回作るのは手間にもなるので、まとめでつくって冷凍できます。
ふたの付いた製氷器を使うとちょうどいい量を小分けにできます。
赤ちゃんが食べるものなので1週間以内には食べきるようにしましょう。
他にもアレンジができるのでとっても便利です。
赤ちゃんが離乳食を始め慣れてきた1か月前後で魚の切り身や野菜のみじん切りを入れることがカ可能です。

*お粥に飽きたら
赤ちゃんがお粥に飽きてきたら少し工夫必要ですよね。
お粥にあんをかけることがオススメです。
だしを加えたあんをお粥にかけることで、とろみがあり赤ちゃんも食べやすく、普段のお粥とは一味違うものになりますね。
さらに離乳食にも慣れ白米を食べるようになったら、炊き込みご飯もいいですね。
白米のままだと他の食べ物に惹かれて食べてくれないということもあるので、赤ちゃんの様子を見ながら作ってみるといいかもしれません。

 

□まとめ

今回は、離乳食でのお米の使い方をご紹介しました。
離乳食で何を食べさせるか、どんな料理がいいのか、不安はつきものです。
お米は私たちだけでなく離乳食でも欠かせないものなのです。
赤ちゃんには10倍粥から始めて、慣れてきたら具を入れてアレンジをしてみましょう。
白米を食べ始めてからも、アレンジが効くのでとても便利ですね。
安心でおいしい離乳食ならお米を使いましょう。

 

もち米は高カロリー?ダイエットにオススメです!

無理なダイエットをしてはリバウンドを繰り返しているという方もいらっしゃいます。
リバウンドを繰り返していると、太りやすい体質になってしまいます。
継続できる無理のないダイエットで健康的に痩せたいですね。
バランスのとれた食事を取ることが大切なので、主食のお米もちゃんと食べた方がよいのです。
その中でも、ダイエットには、もち米がオススメです。
「もち米ってカロリーが高いイメージがあるし、本当にダイエットに効くのかな?」
そこで今回は、このような疑問をお持ちの方に、もち米のカロリーとダイエット効果についてお伝えします!

 

□もち米のカロリーについて

もち米と聞くと高カロリーなイメージを持たれる方もいらっしゃいます。
もち米と白米のカロリーと比べてみましょう。
炊く前のカロリーはもち米も白米もほとんど変わりません。
ポイントはお米を炊いた後です。
白米の方が炊いた後に水分を多く含みます。
そのため、同じ量を食べると、もち米の方がカロリーが高くなるのです。
実際の数値で見てみると、炊いた後の白米の場合168キロカロリー、もち米の場合235キロカロリーです。
約1.4倍も、もち米の方がカロリーが高くなります。
もち米を食べる際は、白米を食べるときよりも少なめにしましょう。
少なめでも、もちもちとした食感で満足感も得られます。
もち米を食べるときは量に気をつけましょう。

□もち米はダイエットに効果的?

もち米は食べる量をしっかり守れば、ダイエットに効果があります。
もち米にはダイエットに最適な栄養素が豊富です。
ビタミンB1、B2は糖質や脂質の代謝を促します。
食物繊維は便秘解消や、脂肪分の吸収を防ぎます。
カルシウムには脂肪燃焼を促進します。
さらに、もちもちとした食感が特徴のもち米は食べ応えもあります。
自然と噛む回数が増えるため、満腹感に繋がり、早食い防止にもなります。
たくさん噛んでゆっくりと食事することで、太りにくい体になります。

 

□まとめ

今回は、もち米のカロリーとダイエット効果についてお話しました。
ダイエットに効果的な栄養価が豊富なため、無視せず健康的に痩せてい方にオススメですね。
もちもちとした食感から食べ応えもあり、噛む回数が増えるので、食事の食べ方からも改善でき、痩せやすい体になります。
注意点は、もち米も白米もカロリーは変わりませんが、炊いた後は水分量の関係で、同じ量だともち米の方が高カロリーになることです。
もち米を食べる際は、白米をたべるときよりも少な目にしましょう。

 

酢飯の保存期間はどれくらい?作り方についてもご紹介!

ちらし寿司を作ったり、いなり寿司をつくったり、酢飯をつくる機会は身近にありますよね。
ご飯にお酢を加えると保存期間や保存方法が気になりますね。
「巻きずしのために酢飯を作りすぎっちゃった。白米みたいに保存できるの?」
そこで今回は、酢飯の保存方法や作り方をご紹介します。

 

□酢の殺菌作用

酢には殺菌作用があると言われています。
しかし白米より保存期間が長いというわけではありません。

作った翌日に食べる場合は冷蔵庫い入れて保存しましょう。
冷蔵庫にいれると、酢飯は硬くなってしまいますよね。
野菜室に入れると硬くなり過ぎないのでおすすめです。

 

□冷凍保存や解凍

*冷凍保存

翌日に食べきれないという場合は、冷凍保存しましょう。
冷凍方法は、白米と同じようにジップロックやサランラップで問題ありません。
酢飯だけの場合は、そのまま冷凍して大丈夫ですが、
ちらし寿司などで生ものが入っている場合は気をつけましょう。
生ものが酢飯に入っているまま冷凍すると、解凍したときに生のお魚がおいしくないので、あまりおすすめしません。
生ものは、あらかじめ取り除いてから冷凍しましょう。

*解凍後

酢飯を解凍した場合、どんな味になるのか気になりますよね。
味としては酢が抜けて普通のごはんと変わりません。
酢飯として食べたい場合は、レンジを使用してご飯が温かいうちに酢を入れることで、よく全体に馴染みます。
酢の味が少し気になるときのアレンジは、チャーハンにしたり、チキンライスにすることでお酢の酸っぱさが気にならなくなります。

 

□酢飯を多めにつくるなら

パーティーでちらし寿司や手巻き寿司をつくるなら、酢飯もたくさん用意しますよね。
そのときにお刺身などの生のもと混ざった状態だと、あとで保存がしにくくなるので注意しましょう。

 

□おいしい酢飯の作り方

酢飯の保存方法が分かりましたが、そもそもおいしい酢飯ってどのようにつくるかご存知ですか?
ポイントを押さえると、かなりおいしくなりますよ!
ご飯は少し硬めに炊くことがオススメです。
酢を入れるタイミングは炊きたてのときです。
ご飯をつぶさず、切るように混ぜます。
そのあとは1時間ほど冷ましましょう。

 

□まとめ

今回は、酢飯の保存方法や作り方をご紹介しました。
酢飯というと保存期間が長いのではないかと考えている方もいらっしゃいますが、白米とさほど変わりません。
しっかりと冷蔵、冷凍で保存しましょう。
野菜室で冷蔵する、冷凍するときは生のもを取り除くことで、再度食べるときにおいしく召し上がれます。

 

 

土鍋でお米を炊きませんか?炊き方とメリットをご紹介!

お米は毎日食べるものだからこそ、おいしく炊きたいですよね。
お米を炊くとき炊飯器を使っているという方も多いのではないでしょうか。
ボタンを押すだけなので、簡単で便利ですよね。
しかし、お米をおいしく炊くなら土鍋がオススメです!
「土鍋で炊くのは火加減とか大変そうだな。」
と思われがちですが、ポイントを押さえれば簡単においしくお米を食べることができます。
そこで今回は、土鍋で炊くメリットと炊き方についてご説明します!

 

□土鍋の特徴とメリット

土鍋の特徴は温まりにくく、冷めにくいという点です。
土鍋は熱をじっくりと伝えるため、お米がふっくらして香りがよくなります。
炊飯器で炊くよりもお米のおいしさを引き出してくれます。

さらに、土鍋で炊く場合30分ほどで炊くことができるので、炊飯器よりも早いのです。
ごはんを土鍋に入れておいても、べっちゃとならないのもメリットです。
またおひつの代わりにもなります。
そしてごはんがくっつきにくいので、洗うときもぐっと楽になります。

土鍋で炊くとアレンジもしやすいのです。
おこげを作ることもできますし、炊き込みごはんやリゾットなどの料理をそのまま作ることもできます。
季節の食材を取り入れたりして楽しむのもいいですね。

□炊き方

お米と水は1対1、またはお水をお米の1.2倍にします。
お好みの水加減を探してください。
お米の浸水時間は30分から1時間が目安です。
夏場より冬場のほうが長めに浸水させるとよいでしょう。
まずは中火で火にかけます。10分ほどで沸騰します。
沸騰後は弱火にして15分ほど炊きます。
弱火で15分経ったら、土鍋の中を確認しましょう。
水分が残っていなければ10分ほど蒸らして完成です。
蒸らすときはタオルなどをふたと土鍋の間に挟むとよりよいです。

 

□まとめ

今回は、土鍋で炊くメリットと炊き方についてご説明しました。
火加減など難しそうに思いますが、最初の10分は中火で沸騰後は弱火で15分、最後に10分蒸らすと覚えておけば、意外に簡単ですね。
炊飯器と比べて時間短縮になるだけでなく、お米のおいしさを引き出してくれます。
値段もお手頃で炊飯用のものもあります。
一度土鍋に挑戦してみてはいかがでしょうか? おいしいごはんに病みつきになるかもしれませんよ。

 

ダイエット中にお米を食べていいの?1食分の適量とは?

「ダイエットを始めたからお米は食べないようにしようかな?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに炭水化物抜きダイエットという言葉をよく聞きます。
しかし、無理なダイエットをしても長期的に続けることができないため、リバウンドしてしまうことがあります。
痩せるだけでなく、リバウンドをしない食事が大切です。
つまり、炭水化物を全く食べないのではなく、しっかりと主食のごはんを食べて無理なく痩せることがいいでしょう。

そこで今回は、減量中に食べてもいいお米の量についてご説明します。

 

□一食でどのくらい食べていいの?

もちろんお米を一日にたくさん食べると摂取カロリーが高くなり太りやすくなります。
しかし、適切な量のお米であれば、太ることは少ないのです。
お米は一日の総摂取カロリー中の50~60%ほどを摂取することが良いとされています。
一日1800キロカロリーを目標とする場合、その半分900キロカロリー程度が適量になります。
つまり、朝、昼、晩とお茶碗一杯ずつ食べても問題は全くないということです。
むしろ、健康にとっては一日3食しっかりと食べることが大切ですね。
お米を抜く前に、間食のおやつやジュース、脂っこいものを見直しましょう。

 

□お米の重要性

お米はカロリー高いし減量中は大敵と考えるかたもいらっしゃるかと思います。
しかし、実はダイエットにもいいのです。
お茶碗一杯で250から270キロカロリーほどです。
インスタントのカップヌードルが約350キロカロリーということを考えると、意外にお米もカロリーがあるようにも感じます。
しかしお米を食べない食事をすると、お米のカロリーがなくなる分、食事全体のカロリーも減ります。
しかし、栄養バランスを考えた健康的な食事とは言えません。
健康的な食事には炭水化物、たんぱく質、脂質が欠かせません。
栄養の偏った食事よりも、バランスの良いほうがダイエットにおいても、痩せやすい体になります。

 

□まとめ

今回はお米を食べる際の適量についてご説明しました。
カロリーが高いと思って、お米はダイエットには良くないと考える方もいます。
しかし、栄養バランスの整った食事をすることが痩せやすい健康的な体をつくるには大切なのです。
ごはんを食べずにおかずだけにしてカロリーを抑えるのではなく、お米やおかずの量を全体的に減らす、おかずを野菜多めにしてみるなどの工夫をしてみるといいですね。
健康的に痩せるにはお米は欠かせません。
美味しく食べて無理なく痩せましょう。

 

お米に含まれる栄養:デンプンとは?気になる割合も紹介

お米には、多くのデンプンが含まれています。
小学校や理科の実験で、お米のデンプンを用いた実験をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
「お米にはどのくらいのデンプンが含まれているんだろう」「デンプンってどういった栄養なんだろう」と感じている方も多いかもしれませんね。
デンプンは、炭水化物を構成する主な栄養素です。
今回は、お米にはどのくらいのデンプンが含まれているのか、そしてデンプンとはどういった栄養素なのかについてご紹介します。

□お米に含まれるデンプン|4つのポイント

お米に含まれているデンプンに関して、押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

*お米に含まれるデンプンの割合

まず、お米にはどのくらいのデンプンが含まれているのでしょうか?
精米された状態である精白米には、約78%前後のデンプンが含まれており、残り6%前後はたんぱく質、それとわずかな脂肪、さらに微量のビタミンが含まれています。

*アミロースとアミロペクチン

お米の8割弱の栄養素を占めているデンプン。
実はこのデンプンには2つの種類があることをご存知でしょうか?
それは、アミロースとアミロペクチンという2種類のデンプンです。
アミロースは主にお米の硬さにつながるデンプンで、アミロペクチンは主にお米の柔らかやさ粘りの強さにつながるデンプンです。
お米はこのアミロースとアミロペクチンの比率によって、その味や食感が決まります。

*もち米とうるち米

もち米とうるち米という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
もち米とは一般的にお餅に使用されるようなモチモチとした食感のするお米のことを指し、うるち米は、普段のご飯で食べるようなコシヒカリやひとめぼれといった一般的なお米を指しています。
もち米の場合、アミロースとアミロペクチンに比率が「0:100」、うるち米の場合のアミロースとアミロペクチンの比率は「20:80」程度とされています。

*一般的なお米について

普段の食事で食べている品種には、おおよそ20:80の比率で、アミロースとアミロペクチンが含まれています。
コシヒカリでは、アミロースが16%前後、アミロペクチンが84%前後、含まれています。
アミロースの含有量が多いほど、水分量が少なくなるので、硬めのお米になります。

□最後に

今回は、お米にはどのくらいのデンプンが服荒れているのか、そしてデンプンとはどういった栄養素なのかご紹介しました。
アミロースとアミロペクチンの含有率で、お米の特徴は大きく変化します。
デンプン2種類の比率をもとにお米の食べ比べをしてみてもいいですね。

 

一人暮らしの一日平均のお米の消費量は?|お米のくりや

最近一人暮らしを始めた方や、自炊を始めたばかりの一人暮らしの方の場合、「一人暮らしだと、どのくらいの量のご飯を一ヶ月に食べるんだろう」「毎月どのくらいのご飯を食べるのか目安が知りたい」と感じている方も多いかもしれませんね。
ご実家での感覚のまま、一人暮らしでも同じ量のお米を購入したり炊いたりしてしまうと、排気する羽目になるといった可能性があるので注意が必要です。
今回は、一人暮らし一日平均のお米の消費量はどのくらいなのかを解説します。

□一日平均のお米の消費量

一人暮らしの場合の一日平均のお米の消費量はどのくらいなのでしょうか?

*一日平均の目安|1.5〜2合

一人暮らしの場合の一日平均でのお米の消費量は、1.5合〜2合が目安となっています。
お茶碗一杯分のご飯が180グラムほどですので、個人差もありますが、一日に2〜3杯ほど食べるとすれば、一日あたり400グラムほどのご飯が必要です。
1合のお米を炊くことで180グラムのご飯ができるので、1.5合~2合を一日に炊くことで十分にお腹を満たせるという計算です。

*一ヶ月単位での目安|一ヶ月で5kg

一日平均が1.5~2合とすれば、一ヶ月ではどのくらいのお米が必要になるのでしょうか?
お米は水分を吸うことで重さが増え、炊く前と炊いた後では、2倍ほど重量が増加します。
そのため、180グラムの炊き上がったご飯が欲しい場合は、0.5合(90グラム)のお米が必要になります。
一日に1.5~2合ですから一ヶ月で45〜60合。
従っておよそ5kgのお米があれば、一ヶ月強で消費できるという計算です。
精米されたお米は1ヶ月経った頃から、においが発生してしまったり、味が落ちてしまったりするので、一ヶ月強で消費できる5kgが一ヶ月の目安となります。

*おすすめの保存方法

「お米を買いすぎてしまった」という場合は、適切に保存して、品質が落ちてしまうのを防ぐ必要あります。
余ったお米を放置しておくと、気温や湿度によってお米が劣化してしまうほか、虫が湧いてしまいお米を痛めてしまう可能性があります。
そこでおすすめなのが、パックに小分けしてお米を冷蔵保存する方法です。
冷蔵で保存することで、お米の質を保つことができ、害虫が発生するのを防げます。

□買いすぎないようにして美味しく食べる

今回は、一人暮らし一日平均のお米の消費量はどのくらいなのかを解説しました。
お米を美味しく食べるためには買いすぎてしまわないことが大切です。
今回ご紹介した量を目安に、買いすぎないように注意してみてください。