お米をもっと美味しく!ひとめぼれの気になる特徴とは?

現在、コシヒカリに次ぐ第2位の作付け面積を誇るひとめぼれ。
あまりお米に詳しくないという方でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
「聞いたことはあるけど、具体的にどういった品種なのかはわからない」という方も多いかもしれませんね。
そこで今回は、ひとめぼれとはの特徴についてお伝えします。

□ひとめぼれの特徴|4つのポイント

ひとめぼれにはどのような特徴があるのでしょうか?
4つのポイントをご紹介していきます。

*冷害や寒さへの耐性が高い

ひとめぼれが登場する以前、ササニシキという品種がコシヒカリに次ぐ第2位の作付け面積と誇っていたのですが、平成に入って間も無くに起こった冷害で甚大な被害を受け、冷害に対する耐性の弱さが問題となりました。
そこで、ササニシキに代わる品種として栽培され始めたのがひとめぼれです。
こうした背景から、冷害や寒さへの耐性が高くて風にも倒れにくいという特徴を持っています。

*和食との相性がいい

ひとめぼれは、コシヒカリから生まれた品種ですが、コシヒカリよりもっちり感は少なく、淡白な味わいです。
また、程よい粘り気があるため炊き上がりは柔らかいです。
そのため、和食との相性が良く、素材の味を感じやすい品種です。

*汁気の多いものと合わせると

ひとめぼれには、前述のように和食と相性が良いという特徴がありますが、もともと含まれている水分量が比較的少ないため、やや水分を吸収しやすいという特徴があります。
そのため、汁気の多いものと合わせると、食感が損なわれるという特徴を持ちます。
具体的には、カレーやハヤシライスといった料理には向かないでしょう。

*東北地方産がおすすめ

ひとめぼれは、日本各地で幅広く生産されている品種です。
しかし、開発されたのが宮城県で、東北地方の気候や風土と合っているということから、東北地方産のものが人気です。
また東北地方の地域によっても特色があり、岩手産、宮城産、山形産、福島産といった細かな表記がされていたり、中には県単位よりも小さな区分で産地が表示されているものもあります。
ぜひ様々な産地のひとめぼれを試してみてくださいね。

□ひとめぼれでご飯をもっと美味しく

今回は、ひとめぼれとはどういった品種なのか、その特徴をお伝えしました。
現在の作付け面積で、第2位を誇るひとめぼれ。
まだ、食べたことがないという方や、意識して食べていなかった方は、ぜひ和食と合わせてお試ししてはいかがでしょうか?

ここにこだわる!古米と新米の栄養の違いとは?

「新米と古米で栄養の違いってあるのだろうか」「一年以上前のお米があるけど、美味しく食べられるか不安」家に古米があるという方の中には、新米と古米の栄養の違いに関して、このようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
古米と新米の間にもしも栄養の差があれば、健康のためにもぜひ知っておきたいですよね。
今回は、新米と古米の栄養の違いについてご紹介していきます。

□古米と新米の栄養の違い|3つのポイント

古米と新米の栄養の違いに関して、押さえておきた3つのポイントをご説明します。

*「新米の方が栄養価が高い」とは限らない

「新米の方が新しいから、古米より栄養がある」「古米の方がなんとなく栄養が劣っていそう」新米と古米の違いに関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
しかし、実は「新米の方が栄養価が高い」とは限らないのです。

事実、新米の方が栽培してからの時間が間もないため、水分量が多く柔らかさや粘りの強さがあります。
しかし、栄養面に関しては古米と大きな違いがありません。
また古米は、水分量が少ないため、食感がかたくてもっちり感が少なく、真っ白なご飯に炊き上がるということが少なくなりますが、栄養面では全く問題ありません。
ただ、表面の色が気になり、再度精米にかけたり、洗いすぎたりした場合には栄養が損なわれる可能性があるので、注意が必要です。

*古米にも新米にも違う美味しさがある

実は古米の方が寿司飯に合うということをご存知でしょうか?
これは、古米に含まれる水分量が少ないことから寿司酢が浸透しやすく、味がつきやすくるからです。
こういった特徴から寿司飯には古米の方が好まれて使用されることが多くなっています。

*保存方法によっては古米の方が美味しい

また、保存方法を工夫することで、古米の方が美味しくなるということをご存知でしょうか?
古くからお米を美味しく食べる方法の1つとして、寒冷な地域では新米を1年間、0度ほどの環境で寝かせておくという方法があります。
これは、動植物が0度では凍らないという性質を生かした低温保存法です。
こうすることでお米の旨味が強まると言われています。

□最後に

古米と新米では大きな栄養価の違いはなく、保存方法や調理方法を工夫することで、古米を新米と同じくらい、場合によっては新米よりも美味しく楽しめます。
ぜひ工夫を施して古米を楽しんでみてくださいね。
その際にはこちらの記事の内容を参考にしていただけると幸いです。

こうして生まれた!コシヒカリの歴史を解説|お米のくりや

「コシヒカリってよく聞くけど、どんな品種なのかよく知らない」「どのようにしてコシヒカリが生まれたのか、その歴史を知りたい」日本のお米の代表品種であるコシヒカリ。
お米にあまり詳しくないという方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
今回は、そんなコシヒカリがどのようにして生まれ、どのようにして日本のお米を代表するような品種になったのか、その歴史をご紹介します。

□コシヒカリの歴史

コシヒカリは昭和19年に福井県の農業試験場において農林1号という品種を父として、農林22号という品種を母として掛け合わされ生まれました。
当時、国をあげてお米の品種改良が行われており、病気に強く、多少の風にも影響を受けないような品種を求めて、数多くの試験場で様々な試行錯誤が行われていました。
そんな中、福井県の試験場で、病気にも弱く風にも倒れやすい品種が生まれました。
しかし、その味については非常に優れていたため、より条件の良い新潟に持ち込まれて栽培を開始されたのがコシヒカリです。

コシヒカリという名前は、「越の国で光り輝くお米に」という願いが込められ「越(コシ)光(ヒカリ)」と命名されたのが由来です。
コシヒカリの近い品種としては、西日本で名高い品種であった「アサヒ(旭)」と、東日本で名高い品種であった「亀の尾」という品種が挙げられます。

コシヒカリは日本の広い地域に適応し、全国各地で栽培されるようになりました。
新潟県はコシヒカリの誕生以前は、米どころとして無名でしたが、コシヒカリの登場によって一躍米どころとしての地位を築きました。

□コシヒカリの特徴

コシヒカリの最大の特徴は、その炊き上がりの美しさにあります。
そのもっちりとした強い粘りもさることながら、炊き上がりには純白でツヤツヤと光沢を放ちます。
コシヒカリは現在では、北海道、青森、沖縄を除く全国各地で栽培されており、コメの作付け面積では全体の3分の1以上の面積を誇っています。
コシヒカリの美味しさを生かした新しい品種も続々と誕生しており、「あきたこまち」や「ひとめぼれ」といった人気の品種がコシヒカリから誕生しています。

□コシヒカリの歴史を知ってもっと美味しく

今回は、コシヒカリがどのようにして生まれ、どのようにして日本のお米を代表するような品種になったのか、コシヒカリの歴史をご紹介しました。
お米の歴史を知り、普段のお米を楽しく美味しくいただきましょう。

コシヒカリの産地による違いとは?|お米のくりや

「コシヒカリにも新潟産のものや、秋田産のものがあるけど、どういった違いがあるのかわからない」「コシヒカリの産地による違いを知っておきたい」店舗でお米を購入する際に、同じ品種でも産地が明記されているものを見かけたことがある方も多いんではないでしょうか?
コシヒカリに関してもそれは例外ではありません。

新潟産コシヒカリや秋田産コシヒカリ。
新潟の中でも魚沼産と明記されているもの上がるなど、詳しい産地の表記がされているものが多くあります。
今回は、コシヒカリの産地によってどのような違いがあるのかをわかりやすくご紹介していきます。

□コシヒカリの産地による違い

コシヒカリの産地による違いにはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、その違いについてご説明します。

*東日本と西日本の違い

コシヒカリは北海道や沖縄といった地域を除いて、日本全国で栽培されています。
まずは大きな区分として東日本、西日本で栽培されているコシヒカリの違いについてご説明します。

一般的に言われている違いは、「東日本で栽培されているコシヒカリは、柔らかあくもっちりとした粘りがある」「西日本で栽培されているコシヒカリは、水分量が少なめて歯ごたえがあり粘りが弱め」というものです。
このように産地によって土壌の性質や稲作に利用されている水の性質が異なるため、こういった違いが生じます。

*新潟の三大生産地

こういった地域地域の性質の違いから、コシヒカリの名産地である新潟においても「魚沼産」「佐渡産」「岩舟産」といったそれぞれの産地によって異なる特徴を持ちます。
ここでは、この三大生産地における違いを紹介していきます。

・魚沼産

魚沼産は全国でも1位、2位を争うお米の名産地として知られており、香り・味・粘りどの要素においても、最高品質の評価を得ています。
これは昼と夜の寒暖差やミネラルを多く含んだ土壌を水という自然豊かな環境によるものです。

・佐渡産

新潟県の日本海側に位置する佐渡島もお米の産地として有名です。
佐渡内陸部特有の厳しい冷え込みがお米に良い影響を与えています。

・岩舟産

新潟と山形の県境に位置する、新潟最北端の岩船地区でも綺麗な水と肥沃な土地を生かした米作りが盛んで、コシヒカリにおいても、少し固めの食感や歯ごたえが高い評価を得ています。

□産地の食べ比べも楽しみの1つ

今回は、コシヒカリには産地によってどのような違いがあるのかをわかりやすくご紹介しました。
同じコシヒカリでも、産地によって特徴が異なります。
もしお時間があれば、産地別のコシヒカリを用意して、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

お米の歴史「ササニシキ」はこうして生まれた|お米のくりや

お米にあまり詳しくないという方でも、ササニシキという言葉を一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
ササニシキはかつて、コシヒカリに次ぐ作付け面積を誇り、日本で二番目に多く栽培されていた品種です。

しかし、最近ではあまり聞かれることが少なくなってしまいました。
そこで今回は、そのササニシキがどのようにして生まれたのか、そしてどのように作付け面積2位にまでになったのか、その歴史をわかりやすくご紹介します。

□ササニシキの歴史

ササニシキは、昭和38年に「ササシグレ」を父親、「ハツニシキ」を母親として、宮崎県の農業試験場で開発されました。
ササシグレは、それまでにはなかったほどに、たくさん米ができる品種だったため、戦後の食料供給をさせる主役として東北地方のお米の生産量の増加に貢献しました。
ササシグレとハツニシキの交配は、食料増産の時代に麦と米の水田二毛作を推進するために行われ、取れ高が多くて病気に強い品種として優れた交配になりました。

「ササニシキ」という名前は、ササシグレの「ササ」とハツニシキの「ニシキ」に由来しています。
開発された宮城県をはじめ、福島県、山形県、岩手県などの東北地方に広がり、その後、全国に広がっていきました。
ササニシキは平成2年まで、コシヒカリに次ぐ全国第2位の作付け面積を誇っていました。
その後、東北地方の冷害に対する耐性が低さが問題となり、少しずつその作付け面積を減らしていきました。

□ササニシキの現在

現在では、コシヒカリやコシヒカリから生まれた「あきたこまち」「ひとめぼれ 」といった品種に遅れをとっている状況で、「ササニシキ」の名前を聞く機会は減ってきています。
そんな中でも、ササニシキ特有の主張の強すぎない味や食感が和食に合うため、和食料理やお寿司屋さんで多くの需要を持っています。
コシヒカリほどの弾力やもっちりとした感触、味の強さはありませんが、ササニシキには素材の味を生かすことができるという特徴があります。

□素材の味を引き立てるササニシキ

今回は、ササニシキの歴史をわかりやすくご紹介しました。
かつてはコシヒカリに次いで人気を誇っていたササニシキですが、土地の風土や環境に味がさゆされやすい特徴があります。

しかし、環境が合えば最高の品種とも評される品種です。
今後、食べられる機会が減っていく品種ですので、今回の記事を読んで興味を持たれた方はぜひ今のうちに食べてみてくださいね。

固めのお米の品種の中でもおすすめのものをご紹介します!

「柔らかいお米よりも固めのお米が好き!」「お米には歯ごたえがなきゃ嫌だ!」
という方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は固めのお米が好きな方のために、固めのお米の品種をご紹介します。

炊き加減でお米を固く調整することも可能ですが、本当に固いお米が好みということであれば、品種から好きなものに替えてみてはいかがでしょうか。
お米のくりやでは色々な品種を取り扱っていますので、その中でもオススメの品種をご紹介します。

□おいでまい

こちらのお米の特徴はなんといっても1粒1粒に丸みがあって粒揃いに優れている点にあります。
また味にも癖がなくて、粘り気に優れている点もその特徴として挙げられます。
米粒の綺麗な丸みと歯ごたえのほしい方は、是非おいでまいに挑戦してみてはいかがでしょうか。

□銀河のしずく

固いお米が好きだという方は、「歯ごたえの良さを」求めているのではないでしょうか。
お米の1粒1粒がしっかりと食感として感じられるお米としては「銀河のしずく」がオススメです。

こちらは岩手県で開発された品種であり、食味ランキングでは最高評価の「特A」を得た優れた品種です。
「お米1粒1粒をかみしめながら味わいたい!」「しっかりとお米の存在感を感じながら噛みたい!」という方には是非オススメしたい一品になります。
是非お試ししてみてはいかがでしょうか。

□新之助

こちらはお米の生産地として有名な新潟県で約7年もの開発期間を経て生まれた品種になります。
コシヒカリの跡継ぎとして期待されている品種にもなりますので、お味には絶対的な自信があると言っても過言ではありません。

具体的には、先ほどからご紹介している品種と同様にお米の1粒1粒の大きさが大きくて、しっかりとした存在感を感じることができるという特徴があります。
「しっとりとしたお米であるよりも弾力感の感じられる方が好きだ」という方は是非こちらの品種のお米に挑戦してみてはいかがでしょうか。

新之助は炊き上がった際の、お米の表面も綺麗な艶がでることが人気がありますので、お味だけではなく、お米の見た目も重視したいという方に是非オススメさせていただきたい一品です。
お口に入った時のお味としましては、口当たりがまろやかである点がその特徴として挙げられます。

固めで粘り気のあるお米である一方で、まろやかな口当たりがあるお米に興味のある方は是非ご注文なさってみてはいかがでしょうか。
味の厚みもありますので、毎日の食卓でお召し上がりになっても飽きの来ない一品になることでしょう。

今回は固めのお米の中でもオススメの品種をご紹介しました。
お米のくりやでは様々な品種のお米を取り扱っていますので是非ご覧くださいませ。